スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国株、7日ぶり大幅反落 125ドル安

米国株、7日ぶり大幅反落 125ドル安
ゴールドマン訴追で金融株に売り
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381E19E939C8BE2E08DE3E5E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
ゴールドマン幹部が辞任へ インサイダー疑惑に関連か
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959CE3E5E2E39C8DE3E5E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
米ゴールドマン、不動産ファンドがほぼ全資産失う=FT
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14856720100416
これは、いちファンド、子会社で大した影響はないと。

ゴールドマンサックス 10億ドルの詐欺手法とは?
http://ryuzaburo.seesaa.net/article/146785595.html

いい加減、押すところではあるわけで、そのタイミングでこのニュース。
そういう意味では

GSの計画的下げ??
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201004160001/

という見方もでてくるだろうな。

ただ、ここのところ、金融規制改革法案のボルカールールが議論され続けてきたわけで、

SECがゴールドマンサックスを訴追(@w荒
http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51696833.html

SECがサブプライムローンの詐欺でゴールドマンサックスを訴追する様だ(@w荒
マクラッチー紙が散々叩いていた件だな(@wぷ
さて、次の論点はまず、ポール損がどう関与してたかだな(@w荒
それと超高速取引の問題だろう(@w荒
米国金融界の屋台骨を揺るがす、極めて大きな事件といえる(@w荒
ジェイ・ロックフェラー一派に対するジョン・D・ロックフェラー一派の最後の抵抗というべきか(@w荒
ゴールドマンサックス系の不動産ファンドも投資に失敗してをほぼ全て失い、完全に信用を失墜させたといってよい(@w荒
アメリカの金融二番底?
来るに決まってるだろ(@wぷ
これを見て分からない奴はまさにloopyだ(@wぷ
------------------------------

というついにきたー、って感じの陰謀論もあるだろうし。

ゴールドマン・ショック なぜNY市場は急落したか?
http://markethack.net/archives/51541128.html
ここが重要な点ですが、これは民事訴訟であり、あくまでも米国証券取引委員会の起こした訴訟である点です。法務省はいまのところ絡んでいません。つまりこの事件は刑事事件扱いではないということです。
一般に民事訴訟は刑事訴訟より軽いです。
その意味では過剰反応すべきではないのかもしれません。
ただ、ゴールドマンの「客向かい」体質は昔から業界関係者では有名であり、その意味ではレピュテーション(風評)リスクがあるとウォール・ストリート・ジャーナルのニュース・ハブは指摘していました。
他社に対する影響ですが、CDO市場ではゴールドマンが最大のプレーヤーではありませんでした。他にもシティ(C)、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAC)、ドイツ銀行(DB)、UBS(UBS)などが同じビジネスをやっていたので、同様な訴訟が他社に対しても起こされる可能性が無いとは言えません。
また新金融規制法案が今、ワシントンDCで動いている最中なので今日のニュースはこの法案のモメンタムを増す結果になるという見方もあります。

ゴールドマンにも新本社屋の呪いがかかった
http://markethack.net/archives/51541236.html
先ず証券取引委員会の訴訟の内容はどちらかといえば曖昧な要素が強く、証券詐欺の立証は簡単ではない気がします。
さらにそもそも今回の金融危機では証券取引委員会の働きぶりそのものに対する批判や国民からの失望も強く、その「愚鈍な証券取引委員会」のイメージを払しょくするため、ムリしてゴールドマンに喧嘩を吹っ掛けている印象すらあります。
今回の事件に関して司法省が動いているのかどうかは僕には知る術もありませんが、司法省が動いていないのであればゴールドマンが大きなダメージを受ける確率は低いと思います。(法務省がRICOと呼ばれる、マフィアなどの犯罪組織に適用する法律を振りかざして金融機関に挑んでゆく場合は気をつける必要があります。なぜならRICOは適用の範囲が広く、しかも厳しい法律だからです。マイケル・ミルケンの活躍したドレクセル・バーナム証券はRICOが適用されると発表されたとたんに「あっ」という間に瓦解しました。)
-----------------------------------------

と、割と静観気味の意見もあるが。
トヨタ叩きと同じ結果に対してのイチャモン付とか。
今のところは、想定内というか、売り仕掛けによる押し目という感じかな。
でも、始まったんじゃないかな。
ちょい、長目の押しターン。
朝鮮情勢、中国情勢、EU情勢、いろいろ重なってくると、反発しにくくなるだろうから。
今年の上昇分は、全部押すんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。