スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄鋼並み強度プラスチック…広島大チーム開発

鉄鋼並み強度プラスチック…広島大チーム開発
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3EBE2E1E58DE3EBE2E6E0E2E3E29180EAE2E2E2;at=ALL
 従来のポリプロピレンより、引っ張り強度が7倍以上の230メガパスカルに増していた。
この強度は同じ重さの鉄鋼の2~5倍という。グループの試算では、自動車の車体を鉄鋼でなく今回の素材に置き換えると、コストが3分の1から4分の1で済むという。

 既存の高強度プラスチックは炭素繊維などを混ぜて強化するが、価格が1キログラム当たり1万円前後と高い。炭素繊維を取り除けないので再利用もできなかった。新開発のプラスチックはポリプロピレンと同程度の同100~200円程度で生産でき、再利用も可能という。化学メーカーのサンアロマー(東京・品川)などと製品化を目指す。
---------------------------------

錆びないし、軽量化に役立ちそう。
車体に使用できるかどうか、っていうのは、ほんとにリサイクル可能かどうかじゃなきゃ、判断はできないだろうね。
プラスチックポリマーって、そんな均一じゃないものだから再生品の品質管理はできないでしょ。
大量に使用しない部分の基材には、新素材として脚光を浴びそうな予感はする。
でも、プロピレン(ポリプロピレンの原料)の原料は原油なわけで、いろいろ世の中の動きと逆行する気もする、、、かな。
炭酸ガス=石油の使用量だし。
生分解性もないだろうし。
リサイクルできて、廃棄物にならないようにできたら、すごいだろうね。

鉄鋼のように強い汎用プラスチックの創製
https://nanonet.nims.go.jp/modules/news/article.php?a_id=821

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1G1GGLQ_JAJP372&q=%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%80%80%E9%AB%98%E7%B5%90%E6%99%B6%E3%80%80%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%AC%E3%83%B3&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。