スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすぶる疑念、万博ソングの盗作疑惑が国歌に飛び火も、識者は否定

くすぶる疑念、万博ソングの盗作疑惑が国歌に飛び火も、識者は否定
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0507&f=national_0507_039.shtml
  中国人が日々使用している『社会』、『主義』、『愛国』などといった単語も日本人が作り出したものであると紹介、「だからといって義勇軍進行曲が日本のコピーであること、日本人が編さんしたことにはならない」と指摘した。
「義勇軍進行曲」は、日本に留学していた中国人留学生の田漢氏が作詞したもので、1935年4月に田漢氏の詞に中国共産党員の聶耳氏が曲をつけたものが「義勇軍進行曲」である。その後、1949年に中華人民共和国が建国、「義勇軍進行曲」が正式に中国国歌と定められた。
  作曲者の聶耳氏は作曲当時は東京に在住しており、作詞・作曲を担当した両者ともに日本とかかわりがあったことは確かであるが、王錦思氏は「日本の進行曲を参照し、日本の単語を借用し、日本で完成した歌ではある」と認めながらも、義勇軍進行曲は日本からの盗作ではないと否定した。
------------------------------------------

まともなことを言い出して気色悪くもあるけど、歴史だなぁ、と複雑な気分になるな。
60年ほどの歴史しかない中華人民共和国。
やっぱり、日本化していくのが、世界平和じゃないのかなー。

中国語における日本からの外来語
http://www.geocities.jp/ps_dictionary/wailaiyu.htm

共産党も和製漢語じゃんw
グローバル化とか考えると、言語としても、中国語の限界が来てるような気がするなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。