スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広州ホンダ:中国で生産が全面停止か―部品工場のストライキで

広州ホンダ:中国で生産が全面停止か―部品工場のストライキで
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0527&f=business_0527_122.shtml

広州ホンダが27日までに、全面的な完成車の生産停止に追い込まれたもよう。チャイナネットなどが伝えた。
  広州本田(広州ホンダ)によると、変速機を作っている広東省仏山市内の工場のストライキの影響で、完成車の生産ができなくなった。ただし、東風汽車との合弁による東風ホンダは、武漢市の工場は正常に操業していると表明した。
  仏山市内の変速機組み立て工場のストは、5月7日に始まった。月給を200-2500間に引き上げることを求めている。今のところ、ホンダ側は拒否。完成車の生産再開は、変速機などのの供給再開にかかっているという。



ホンダ、中国の四輪車生産販売合弁会社が年間生産能力を拡大
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0525&f=business_0525_085.shtml

onda <7267>の中国における四輪車生産販売合弁会社、広汽本田汽車有限公司(以下、広汽ホンダ)は25日、広東省広州市にある、アコード、オデッセイなどを生産する増城(ぞうじょう)工場における生産能力の拡大を伝えた。


工場の乗っ取りが本当の目的だろ
経営者追い出して、残った工場設備を格安で買い上げる
日本と同じ品質のフィットが、中国でも生産可能になる
なんども繰り返されている手口だよ


ホンダ日本人と中国人従業員の月給は50倍の差、中国メディアが怒りの報道
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0526&f=business_0526_211.shtml

  賃金への不満から南海ホンダ部品製造有限公司の従業員は21日夕刻に再びストに入った。同社に入社したばかりの杜園さん(仮名)によると、彼女の月給は約1000元(約1万5000円)ほどだが、日本人技術者の月給は5万元(約75万円)にも及ぶという。
  ホンダ自動車部品製造公司の低技能労働者の月給は、佛山市規定の最低賃金をわずかに上回るほどの給料であり、最近の物価上昇などが従業員の不満を爆発させたようだ。
  中国でも社内の従業員の給与で外国人と中国人で大きな隔たりがある点については、それぞれの国の労働力のコストが異なるという理由から当然のこととして認知されているが、今回のように同じ会社で働く従業員の給与が天と地ほどもかけ離れると、不満感が高まるのは必然といえよう。
 当問題は自動車業界は現在中国国内でも大きな発展をしてきた一方で、中国人にはその利益が還元されていない現状が表面化したものと思われる。
  記者は労働者と企業管理層間における「給与調整のためのシステム」を構築することが先決で、特に外資系企業内で働く弱い立場にある中国人スタッフは、労働組合の職能や権利を確立し、外資系企業の上層部と、給与面について実際に交渉が出来る組合システムを早急に構築すべきとと主張しながらも、中国の地方政府が外資系企業に対する賃金の規定を徹底すべきと批判した。


南海ホンダ部品製造有限公司でストライキが発生していますが、中国のマスメディアはホンダの賃金体系を痛烈に批判しており、ホンダの出方次第では今後日中間の大問題に発展するかもしれません。
報じられるところでは、中国人労働者は月収1.5万円であるにも拘わらず日本人社員は75万円にも上るとして批判しているのです。
ところが、この比較は全くナンセンスであるという事が分かります。
1.5万円の月給の労働者は入社したばかりであり、日本人は技術者であり熟練社員であり単純な比較は出来ないからです。
ところが、マスコミではこの『金額の開き』だけが取り上げられているのです。
どこかでホンダと従業員の間でボタンの掛け違いが起こったのかもしれませんが、景気が悪化する中国では日本企業をやり玉にあげておけばよいという事になりつつあり、今後、ほかの日本企業でも同様の批判が出てくることもあり得ます。


なんで、日本の会社には要求するのかなぁ。。
アップルの下請けは、ストする気力もなく、自殺していっているのにw

アップルの下請企業で「飛び降り自殺」止まらず、12件目=中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0527&f=national_0527_011.shtml

ホンダが連日の新安値、調整局面入りが鮮明に
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0526&f=business_0526_050.shtml
こういうことかw
アメリカのトヨタ、中国のホンダ、、、アメリカにシフトしようが、中国にシフトしようが結果は、、、(><)
政権にも同じことが言えるような。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ストライキで生産停止されるホンダ

2009年にはリコール問題。そして2010年はストライキ問題。そんな感じでホンダの悩みが尽きない現状。ストライキは各所で行われているわけだけど、激化しているのは中国にて。「賃金を上げろー!」今の環境に満足できないなら転職すればいい。そういう風に完結させる人もいる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。