スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士康国際などの賃上げ、中国の成長にとって「好材料」?

富士康国際などの賃上げ、中国の成長にとって「好材料」-HSBC
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=ao4f0N0Rv9bQ

台湾の鴻海精密工業の中国子会社、富士康国際(フォックスコン)やホンダなどの賃上げで浮き彫りとなった中国の賃金上昇は、個人消費の押し上げにつながり、同国の景気鈍化を抑制する公算が大きいため、「好材料」とHSBCホールディングスは判断している。


どうなんかなぁーと思っていたら、やはり、反対意見も多いようで

中国の投資主導型銘柄は売り-賃金上昇で設備投資に打撃
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=a.IR1BpmWl40

ブルームバーグが7日入手したリポートで、崔偉氏率いるメリルのストラテジストらは「市場は企業の設備投資、ひいては中国への投資全般に対する負の影響を過小評価している可能性があるとわれわれは考えている」と説明。「投資家は、特にセメントメーカーや非鉄金属メーカーなど投資主導型セクターの売りを継続すべきだ」と指摘した。
馬駿氏らドイツ銀行のアナリストは先週のリポートで、向こう数週間により多くの省や都市が最低賃金水準を20%程度引き上げると予測。中国では「予想を上回るペースでの労働コスト上昇が政治的な緊急課題となっている」と説明した。


信用売りのフル活用ですねw

貧乏人のカジノと化した中国の株式市場 救いは不動産崩壊=著名エコノミス
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/06/html/d48486.html

独立派エコノミスト謝国忠(アンディ・シエ)氏はブルームバーグに発表した評論記事で、「中国の株式市場はすでに貧しい人々のカジノとなっている」とコメントした。すでに歴史的低水準に落ちた中国の株価純資産倍率(PBR)は、どうしてまだ下がっているのか、その答えは、「お金持ちはすでに株式市場から撤退し、不動産市場に流れた。不動産市場が崩壊したら株式市場は少し救われる」としている。
中国政府が不動産価格抑制政策を打ち出したことで、多くの投資家は、これから投資マネーが不動産市場から株式市場に流れていくのを喜んでいる。現在、「投資マネーは不動産市場と株式市場の間で流動し、その他に流れるところがない」との見方は、一部の投資家の間で最もポピュラー。しかし、不動産市場には急落が見えてこないにもかかわらず、株式市場はすでに20%急落した。不動産市場の抑制政策の必要性については普遍の認識となっている。政府が不動産市場の流動性を強く握り締める時、株式市場の流動性も必ず影響されるだろう。すなわち、この二つの市場が同時に負ける結果となる。


不動産価格が下落した時、証券価格が上がる材料が出てくるのかどうか、かなぁ。
中国だけ上がるパターンはないんじゃないカナ。

フォックスコンやホンダにおける賃上げは中国にとり好材料という詭弁
http://markethack.net/archives/51571938.html

これほど間違った意見も無いと思います。
先ず中国の人たちは貯蓄性向が高く、お給料が上がってもそれを全部消費に回すなんてことはしません。
次に賃金インフレというのはインフレ・サイクルのいちばん最後にやってくる、もっとも厄介なインフレであり、ひとたび(そうか、賃上げを要求できるのか)という認識が労働者に広まると全ての物価や地価に対するエクスペクテーション(期待)のアンカーが引き摺られはじめます。
人民銀行の立場からすると、もっとも徹底的にインフレ期待の芽を摘むべき局面がやってきたということです。



【コラム】富士康従業員の賃金280万年分、会長資産に匹敵-ペセック
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=avtnGShJX4Ro

政府は国民の不満がデモにつながるほど高まるのを避けるため、経済水準の向上に頼ってきた。ただ、世界標準からすれば中国労働者は低賃金で働いているという情報を隠すのは難しくなっている。
ギリシャの債務危機は、中国当局者を動揺させるのに十分だった。今や国内および海外の動向がいずれも中国に小休止の理由を与えている。今回の賃上げの動きは中国にとってかなりタイミングが悪いものだ。
社会不安ほど、中国共産党の大物たちをおじけづかせるものは少ない。これは必ずしも容易に理解されない現象だ。一連の学校襲撃事件はその例だ。報道によると、事件の背景には地方政府に対する不満があったという。中国が普通より多くの社会問題を抱えていることは明白だ。
賃金といった魔物が今まさに瓶から解き放たれた。中国労働者が国家の繁栄の分け前をより多く要求するようになるなか、それを再び瓶の中に封じ込めるのは不可能だろう。



輸出企業の苦難は長期に及ぶ、内需が得策
http://blog.livedoor.jp/okane_koneta/archives/51517723.html

小平の先富論が明確に顕在化したのは、1992年の南巡講和以降だ。
そこからの10年間は、右端の飛び出した者が短期間に大幅に豊かになった。
富裕層が出現した。ポルシェやフェラーリが世界で一番たくさん売れる中国が出現する基礎ができた。
2003年~2008年は、先進国で住宅金融バブルが発生し過剰消費になったので、BRICsに未曽有の好景気をもたらした。
賃金上昇率は高まり、農村からの出稼ぎ労働者も、それなりの恩恵に浴した。
しかし、2008年のリーマンショックで、農村からの出稼ぎ労働者の一部は使い捨てのモノ(=コスト要因)として切り捨てられた。これが変化の始まりだと思う。2009年から労働争議、暴動が顕在化した。
富の再配分が必要とされるレベル、時期になったというサインだと思う。
富の再配分とは、賃上げだ。業績上昇に比例する分の賃上げなら問題はない。
しかし、労働者を部品同様のコスト要因(=モノ)として取り扱うビジネス・モデルでやってきて、業績以下の賃金支払いで済ませてきた輸出企業とっては、これからは荷が重たい時代が続く。
そしてこの状況は、2010年代の大部分の特徴になると思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人民元と輸出企業の関係は大いにある。受け取る代金が自動的に減るのだ。
現在の輸出企業は以下のような「前門の虎、後門の狼」というジレンマの状況に置かれている。
世界景気が悪いので輸出がさえない。
だから貿易黒字が少ない。
その結果、人民元の切り上げ圧力を回避できる。
世界景気が回復すると輸出需要が増加する。
すると貿易黒字が増加する。
その結果、人民元切り上げ圧力を回避できない。
どっちに転んでも、輸出企業の利益には暗雲が立ち込めている。
雲の濃い/薄いは多少はコントロールできるだろうが・・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一方、賃金上昇 は内需企業には朗報だ。
だから、リーマンショックを契機として内需/外需企業のパフォーマンス逆転が始まったのだ思う。
昨年までが、その第一フェイズだろう
2010年後半から第二フェイズが始まると思う。


んー、と思っていたら、また、ストですか。

中国工場スト拡大 台湾系工場で警官隊と衝突
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100608/chn1006082107005-n1.htm

中国の江蘇省昆山市にある台湾系機械部品工場で7日、賃金制度の見直しなどを求めてストを行った従業員ら約2千人と警官隊数百人が衝突し、従業員約50人が負傷した。
中国では年内にも、「同一労働、同一賃金」といった計画経済時代への逆戻りのような賃金体系を経営側に求める「賃金法」が成立するとの見通しもある。


ホンダ、中国部品工場ストで再び2工場操業停止
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E2EAE291988DE2EAE2E4E0E2E3E28698E2E2E2E2;at=ALL

 ホンダは先週4日、ホンダの中国の変速機工場(広東省仏山市)で約3週間にわたり、長引いていたストがようやく完全決着し、中国全工場が通常操業に戻ったと発表していた。
 今回のユタカ技研の中国工場で起きたストは、ホンダのストが起こった変速機工場と同じ仏山市内にあるほか、ホンダのスト終結直後に起こったタイミングなどから、ストがホンダから、系列メーカーの工場に波及したようだ。


中国各地で労働争議相次ぐ=政府「後押し」受け運動活発化か
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010060800692

【香港時事】8日付の香港各紙によると、広東省など中国各地で6日以降、賃上げ要求や人員削減反対の大規模な労働争議が相次いで起きた。政府が労働者の待遇改善を促す姿勢を示していることから、労働運動が活発化しているとみられる。


大衆がデモで不満を表せば、賃上げ要求通せると、ごね得に気づいちゃったのか。
何か扇動者がいるのか。
こりゃ、見過ごせないネタに育ってきたなぁ。
先進国に認められるようになるために、大きな混乱が起きないよう中国には頑張って欲しいけど。
収まりつかなくなったら、、、、得意技がでるんだろうなぁ。。。

中国が見いだした、人民元切り上げの代替策
http://jp.wsj.com/World/China/node_68234
有料で読めないー(><)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。