スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギ産地を偽装、商社を捜索へ 小沢氏側への大口寄付者

ウナギ産地を偽装、商社を捜索へ 小沢氏側への大口寄付者
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100715/crm1007150136003-n1.htm

 台湾産や中国産のウナギを国産と偽って販売したとして、警視庁生活経済課は14日、不正競争防止法違反(偽装表示)容疑で、15日にも大手専門商社「セイワフード」(東京都港区)を家宅捜索する方針を固めた。セイワ社は、民主党の小沢一郎前幹事長が代表を務める「民主党岩手県第4区総支部」に平成16~20年の5年間で計1100万円を献金する大口寄付者。小沢氏側は献金の扱いについて対応を迫られそうだ。
 捜査関係者によると、セイワ社は20年12月~今年5月、台湾産や中国産のウナギのかば焼きを「愛知県産」と偽って販売した疑いが持たれている。同課は取引先の加工販売業者「大福」(大阪府茨木市)など関係先数カ所も捜索する。
 都や農林水産省などの調べでは、セイワ社が大福に販売した台湾産と中国産のウナギは少なくとも約13トン(約6万5千匹分)で約4500万円分。販売後、当時のセイワ社の営業担当常務(解任)らが、外国産ウナギのかば焼きや白焼きを焼き直すよう指示し、愛知県産と産地を偽装表示した段ボール箱に詰め替えて、セイワ側が買い戻していた。その際、「愛知県三河産」という加工証明書も作成していたという。
 セイワ社の産地偽装問題は6月初めに社内調査で発覚し、同社から消費者庁に報告。すでに都や近畿農政局が行政指導している。
 偽装発覚後、セイワ社はウナギを回収し廃棄処分としたが、大半は取引先の近畿地方や北陸地方の卸売業者4社を通じてスーパーなどに販売され、消費されたとみられる。
 セイワ社は消費者庁の調査などに、「中国製ギョーザ中毒事件以降、台湾産も売れなくなったため、当時の営業担当常務が判断して偽装した」と説明。大福側も「在庫が処理できなかった」と話しているという。
 一方、偽装行為とは別に、政治資金収支報告書によると、セイワ社は16~20年の間、毎年200万円、16年は300万円を「民主党岩手県第4区総支部」に寄付。5年間で1100万円が入金されていた。20年の収支報告書では、年間200万円に達する団体献金はセイワ社からだけで、大口の寄付者だったことがうかがえる。産経新聞の取材に小沢氏の事務所からは14日夕までに回答がなかった。 
 セイワフードは昭和59年創設のウナギ専門商社。平成21年8月期の売上高は82億円で業界大手。


産経、迷いなし!w

ウナギ偽装:2社捜索へ 台湾・中国産を愛知産と表示 毎日新聞

 台湾や中国産のウナギかば焼きを「愛知県産」と偽装し販売したとして、警視庁と大阪府警はウナギ卸売り大手「セイワフード」(東京都港区)と取引先の食品加工会社「大福」(大阪府茨木市)の本社などを15日に不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で家宅捜索する方針を固めた。
 東京都などによると、セイワは08年12月~今年5月、台湾と中国から輸入した少なくとも13トン(約6万5000匹分)のウナギのかば焼きや白焼きを大福に販売。大福で箱の詰め直しや焼き直しなどの偽装工作をした後、「愛知県産かば焼きウナギ」として買い戻し、関西と北陸地方の卸売業者4社に販売していたという。
 セイワなどによると、6月にセイワの社内調査で偽装が発覚。当時の営業担当常務(解任)が工作を認めたため消費者庁に報告した。同月29日に都がセイワに、近畿農政局が大福にそれぞれ日本農林規格(JAS)法に基づき、表示の是正や原因究明を指示した。
 セイワによると、中国製冷凍ギョーザ事件などの影響で外国産ウナギが不人気になり、元常務は在庫処分のため偽装したという。セイワは「元常務以外に関与した役員や社員はいない」としている。
 セイワは、東証1部上場の横浜冷凍(本店・横浜市神奈川区)が全額出資した子会社。84年の創業でウナギ専門卸の国内大手。09年8月期決算の売上高は82億円。大福は78年設立で、06年3月期決算の売上高は17億円。【町田徳丈】



うなぎ産地偽装 2社を捜索へ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100715/t10015747411000.html

東京の輸入販売会社と大阪の水産加工会社が、台湾産のうなぎおよそ1トンを愛知県産と偽って販売していた疑いが強まったとして、警視庁と大阪府警察本部は、15日にもこれらの会社を不正競争防止法違反の疑いで捜索する方針を固めました。産地偽装の詳しいいきさつを調べることにしています。
不正競争防止法違反の疑いが持たれているのは、東京・港区の輸入販売会社「セイワフード」と大阪・茨木市の水産加工会社「大福」です。警視庁などによりますと、2つの会社は、去年12月からことし5月にかけて、台湾産のうなぎおよそ1トンを愛知県産と偽って表示したうえで販売したとして、不正競争防止法違反の疑いが持たれています。これらの会社をめぐっては、先月、農林水産省と東京都が、悪質な偽装だとしてJAS法に基づく表示の改善を指示しています。会社側によりますと、セイワフードが仕入れた台湾産のかば焼きを大福の加工場で焼き直すなどしたうえで、「愛知県産」と表示して販売していたということです。警視庁と大阪府警察本部は、15日にも2つの会社のほか、関係先十数か所を捜索して資料を押収したうえで関係者の事情聴取も行って、産地偽装の詳しいいきさつを調べることにしています。



ウナギ販売会社を15日にも捜索 産地偽装容疑、警視庁 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071401001137.html

 台湾産のウナギを愛知県産と偽り販売したとして、警視庁生活経済課は14日、不正競争防止法違反の疑いで、ウナギ輸入販売会社「セイワフード」(東京都港区)と加工会社「大福」(大阪府)などを15日にも家宅捜索する方針を固めた。
 捜査関係者によると、セイワフードは2008年12月から今年5月、台湾などから輸入したウナギのかば焼きなど約13トンを大福に販売し、愛知県産かば焼きに偽装した上で買い戻し、関西地方などの取引先4社に販売した疑いが持たれている。
 東京都は6月29日、日本農林規格(JAS)法に基づいて、2社に対し、それぞれ表示の是正や再発防止の徹底などを求める行政指導を実施している。
 セイワフードは自社ホームページで偽装について認めた上で、「中国の毒物ギョーザ事件以降、台湾産ウナギも売れなくなったため、在庫処分をするために元営業担当常務取締役(解任)が偽装した」と説明。大福は消費者庁などに対し「在庫が処理できなかった」などと釈明していた。



捏造産経、けしからんってなるのカナ。

匿名党
http://tokumei10.blogspot.com/search/label/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。