スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏の「不起訴不当」 07年資金報告書で検察審

小沢氏の「不起訴不当」 07年資金報告書で検察審
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0EBE2E2E68DE3E7E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

小沢氏逆襲どころかまた逆風 不起訴不当 日刊スポーツ
“民意”は『捜査不足』 小沢氏不起訴不当 東京新聞
小沢氏に説明求める声 読売新聞
第1検察審議決 小沢氏不起訴にまた疑問符 読売新聞

こんな見出しが普通の感覚な気がしてたんだけど、どうなんかな。

陸山会事件:小沢氏側「起訴相当」出ず安堵
http://mainichi.jp/select/today/news/20100716k0000m010121000c.html?inb=tw

 民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体を巡る事件で、東京第1検察審査会が07年分の収支報告書の虚偽記載容疑について「不起訴不当」と議決したことで、強制起訴につながる「起訴相当」ではなかったことに小沢氏側からは安堵(あんど)の声が漏れている。ただ、焦点は、4月に東京第5検察審査会が小沢氏の強制起訴につながる「起訴相当」を出した事件。今秋にも結論が出ると見られ、政府・民主党内には推移を見守るムードが広がっている。
 小沢氏に近い高嶋良充参院幹事長は、国会内で記者団に「小沢前幹事長は、一つの問題を大きくクリアされたものと思う」と語り、小沢氏が抱える懸案が軽減したとの認識を示した。小沢グループに所属する衆院議員の一人も「(不起訴不当の議決は)小沢氏に風が吹いている」と歓迎した。
 これに対し、菅直人首相は15日夜、首相官邸で「私の立場であれこれコメントすることは控えたい」と述べるにとどめた。枝野幸男幹事長も記者団に「私から申し上げて圧力のようなとらえ方をしたりするのは良くない」と沈黙を守った。
 野党側は与党を揺さぶる。自民党の大島理森幹事長は「参院で野党全体として過半数をいただいたので、そういう所で協議していく方法もある」と述べ、小沢氏を参院で招致することをほのめかした。
 ただ、与野党が注目するのは、小沢氏が強制起訴されるか否かの結論となる東京第5検察審査会の議決。今秋の結論が有力視されているが、9月の党代表選での小沢氏側の行動に影響するからだ。民主党内には「第5検察審査会の結論が出なければ、独自候補は擁立できない」とする声がある一方、「結論が出ないからこそ、小沢氏本人が出馬する」とさまざまな憶測が飛び交っている。【念佛明奈】


起訴相当と不起訴不当って、そんなに違うものなのか。。。と

9 :名無しさん@十周年:2010/07/16(金) 08:41:30 ID:vD1LH9Ix0
起訴相当と不起訴不当の違いのレベルが今一解らん。
部屋が散らかっている時に、オカンに「早く片付けなさい」と
言われるのと「散らかってるわよ」と言われる時の差くらいのもんか?

26 :名無しさん@十周年:2010/07/16(金) 08:49:23 ID:87MWyy3x0
>>9
早く片づけなさいってのが不起訴不当。
ベッドの下までひっくり返されるのが起訴相当。


とか?

郷原先生は、
http://twitter.com/nobuogohara

(続き)万が一第5検審で再度起訴相当が出て強制起訴されても、無罪の可能性が極めて高く、有罪だとしても、起訴相当とされているのは「期ズレ」だけなので、量刑は少額の罰金だと思います。

昨日の第1検審の不起訴不当は検察が再度不起訴にして終わり。起訴相当が出ている第5検審の方は、補助弁護士が辞任、7月末で審査員が全員替わるので、前回のような誤った法解釈による起訴相当が出る可能性は極めて低い(続く)@mogurasennninn 万が一小沢さんが有罪となったら量刑

その可能性はほとんどないと思います。今回の不起訴不当議決で、「現行法が抜け穴だらけ」と言っていますが、これが実質的な結論です(それ以外はほとんど余事記載です)。検察の判断が覆ることは考えられません。@cocatsu可能性としては、再捜査、起訴の選択枝はあるということですか

@amneris84BSフジのプライムニュース、若狭弁護士が「不起訴不当」の場合でも検察が再捜査の上不起訴にすると、検審が再審査で「起訴相当」議決可能と発言したらしいのですが、先にツイートしたように間違いです。この点の誤解は今後の政治情勢にも重大な影響を与えるので早急に訂正が必要

(続き)検察審査会法第41条の2で 、検審の再度の審査は「第39条の5第1項第1号の議決をした」場合、つまり「起訴相当」の議決の場合に限られているので、「不起訴不当」の場合には、検察が再捜査の上不起訴処分をすれば、それで終わりです。@tokunagamichio

若狭弁護士がそのような発言をしたとすれば、誤った見解です(続く)@tokunagamichio BSプライムニュース、ヤメケン若狭勝弁護士「第五審査会の不起訴不当を受け検察が再度不起訴としても、また第五審査会にもどし起訴相当の結論を出すこともできると言う考え方もあります」



美爾依さんも毎日新聞ほどの安堵感はないようだけど
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2141.html

この桜井氏が不起訴処分を不当とする理由を読んでも、ただただ、外国人参政権法案を阻止するために、小沢氏を悪党にしたてあげ、何の証拠もないのに妄想を駆り立てて検察審査会への申し立てしているだけにすぎない。とても馬鹿げた内容である。
しかしながら、素人の検察審査会のメンバーがこれを読んだら、やはり小沢は悪党だから起訴相当などと決め付けてしまうのだろう。検察審査会のメンバーの選任には不透明さがあり、こういった偏った思想が集まった団体から選ばれている可能性もある。少なくとも、検察審査会のメンバーの名前だけでも公開されるようになって欲しい。
これまでもさんざん訴えてきたけれど、日本の司法制度はあまりにも古い体質に支配され、不透明なので、今後、大きな改革に迫られるだろう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。