スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、米国企業と和解…ハイブリッドの特許侵害で

トヨタ、ハイブリッド車特許侵害訴訟で米ペイスと全面的に和解
http://news.braina.com/2010/0720/judge_20100720_001____.html

 ハイブリッド車(HV)に関する特許侵害でトヨタ自動車を提訴していた米ペイス(Paice LLC)は7月19日、両社が和解の合意に達し、すべての訴訟は取り下げられると発表した。和解の詳細な条件は非公開としている。
  アレックス・セベリンスキー博士によって1992年に設立されたペイスは、同氏が1992年に出願し1994年に権利取得したHVの駆動システムに関する米国特許5,343,970などを、トヨタのプリウスなどが侵害したとして、2004年に特許侵害訴訟を提起。2009年9月には、米国際貿易委員会(ITC)に、トヨタの新型プリウスなどの輸入販売差止めを求める訴訟も提起し、この審理は同日19日に開始される予定だった。
  発表によると、両社は、「一部のトヨタ車はペイスの特許相当と判断されるが、トヨタが独自に、長年の技術革新の一環として、プリウスとハイブリッド技術を発明、設計し、進化させたということで見解が一致した」と表明している。



トヨタ、米国企業と和解…ハイブリッドの特許侵害で
http://response.jp/article/2010/07/20/142986.html

19日、トヨタと米国フロリダ州のペイス社との間で、ハイブリッド車の技術特許を巡る訴訟の和解が成立した。
ペイス社は1992年、アレックス・セベレンスキー氏が設立。ハイブリッドなどの自動車用テクノロジーを開発する企業である。
ペイス社が最初にトヨタを訴えたのは2005年。『プリウス』、『ハイランダー』(日本名:『クルーガー』)、レクサス『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)の各ハイブリッド車が、ペイスの特許技術を侵害しているとの内容だった。
この時はペイス社の訴えが認められ、トヨタに430万ドル(約4億円)の損害賠償が命じられた。しかし、ペイス社が主張していた米国におけるトヨタハイブリッド車の販売差し止め要求は、却下されている。
今回の裁判は、2009年9月にペイス社が起こしたもの。その内容は、トヨタの新型プリウスと『カムリ』、レクサス『RX450h』と『HS250h』が、ペイス社の同じ特許を侵害しているというものだ。2005年に訴えた車種と、最新トヨタハイブリッド車の駆動系は、実質的に同じというのが同社の主張である。
今回、トヨタとペイスの間で和解が成立。和解の具体的な内容は、明らかにされていない。ペイス社創始者のアレックス・セベレンスキー氏は、「和解が成立してうれしい。ハイブリッド車は将来、市場の中心となると信じ続けてきた」とコメントしている。
今回の和解により、米国でのハイブリッド車販売差し止めという、トヨタにとって最悪のシナリオは回避された形だ。



エコカー戦線激化 トヨタのPHV、300万円以下で発売へ 安価設定で他社EVに対抗
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100719/biz1007190030000-n1.htm

家庭充電型ハイブリッド車、ホンダが13年メド発売 トヨタは12年に、開発競争が加速
http://www.nikkei.com/access/article/g=96958A9C93819696E3EBE2E2818DE3EBE2E5E0E2E3E29F9FEAE2E2E2;bu=BFBD9496EABAB5E6B39EBB809ABBB5B6EB85BDE28391B4E0FDA6B38A82B3A0E1A490818A8AA49AB5E385B7A0B7939886879B809AB0AB939D9F88A3E58AB58BE1B699E4E4A298B3E5AA91E4BAEB88E08ABAB7BABFE49CA180B6858384E0A2B894838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3919A9886FDB7A4ABB59697EF

日本の自動車メーカーの反撃体制が整いつつあるのかな。
ハイブリッドカー、航続距離が伸びるのは軍事転用で、、、とか危険視されてるのかもだけど。

株価は、3,055 -80(-2.55%)で、好材料視はされず、、、


トヨタ、ステアリングの問題で米連邦大陪審から召喚状
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_83758

 トヨタ自動車は20日、米ニューヨーク州の連邦大陪審から、ハンドルの動きをタイヤに伝える「ステアリング・リレー・ロッド」と呼ばれる部品の問題について、召喚状を受け取ったと発表した。
 トヨタ広報では、具体的な車種や製造年は召喚状に記されていない、としている。召喚状は6月29日付で、トヨタの米国子会社にあてられている。広報担当者は、2月に急加速やブレーキの問題で同社が受け取った召喚状とは別件としている。
 今回の召喚状を受けて、トヨタは刑事訴追の対象になる可能性がある。同社は、訴追はされていないものの、急加速とブレーキの問題で同じ大陪審と米証券取引委員会から調査を受けている。
 トヨタは、当局の調査には真摯に協力する、との声明を発表した。
 トヨタは、2005年に、ステアリング・リレー・ロッドの問題でスポーツ用多目的車(SUV)「ハイラックス」、「ハイラックスサーフ」(米国名「4ランナー」)をリコールしている。


受難は続きそうなのかも。(><)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。