スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々、行われるNHKによる洗脳工作

日々、行われるNHKによる洗脳工作
http://www.afrobossa.sakura.ne.jp/view/view225.html
3月30日(ブルームバーグ):日本銀行は30日午後、「中国経済が資産市場の調整などをきっかけに、大幅に変動するようなことがあれば、世界経済に対して無視し得ない影響を及ぼす可能性も考えられる」とするリポートを公表した。
これはひどい。ブルームバーグの記事を見る限り、日銀はむしろ中国の不動産バブルに大きな懸念を表明している。だがNHKのアナウンサーは正反対で、日銀は中国の不動産バブルは日本の不動産バブルのような深刻なものではないと結論づけたと何度も繰り返した。これが洗脳で無かったら何が洗脳なのだろうか?
一体、NHKに何がおきたのだろう?変わり果てたNHKの洗脳放送に私は大きな違和感と不信感を持ったのだった。20年前は日本で最も偏りがないと主張する人もいた放送局がいつしか洗脳装置になっていた。個人的に今、一番偏向しているのは公共放送であるNHKだと思う。
-----------------------------------

そうなんだよねぇ。
一体メディアの中では何が起こっているのか。
ほんとうに、おかしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fate Chemist

Author:Fate Chemist
政治経済の気になるニュース、特亜関係の偏向報道、そんなものの備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。